会社で必要な印鑑の代表印について調べる

ビジネスを行う上で、会社の印鑑は色々な場面で使われますが、社長から書類への捺印の権限を委譲されている方は、捺印の責任がありますので、色々な注意が必要です。 捺印を委譲されている方は、例えば支店長、営業所長など、責任のある出先機関のトップの方が多いかと思います。そして、書類に会社の印鑑を押すということは、その書類は会社として認めたということになります。捺印する場合には、責任のある立場の方が、会社として認めるということを十分に意識しておきます。 時々、捺印を部下に任せる上司を見ますが、これは自分の責任を放棄しているということですので、絶対にやめたいことです。 そして出先機関に設置されている会社の印鑑は、代表印(丸印・丸判)と会社印(角印・角判)です。この使い分けも必要になります。

 代表印は、代表者名が入る書類に捺印します。

 この印鑑は、丸印とか丸判とも呼ばれる丸い印鑑で、外側に会社名が、内側に「代表取締役印」の記載が入ります。この印鑑は、個人で使う印鑑で例えると実印にあたる印鑑で、会社として非常に重要な印鑑になります。特に取引を開始する場合に必ず取り交わす契約書などには、必ずこの印鑑を使います。  そして捺印する場合は、特に書類の内容には確認が必要です。例えば契約料金の桁が一つ違えば、大変な問題になりますし、業務内容などが曖昧になっていると、契約金額以上の業務まで要求されることになります。数字や文言の一つ一つまで細かく気を配って、間違い、誤字脱字、曖昧表現などが無いように十分確認の上、捺印します。 捺印して提出してしまったら、変更は出来ませんので、責任を持って捺印します。

 会社印は、会社名が入る書類に捺印します。

 この印鑑は、角印とか角判とも呼ばれる四角の印鑑で、会社名だけが入った印鑑です。こちらは会社が使う認印のようなもので、代表印に比べると重要度は落ちますが、会社が証明するための印ということには変わりがありませんので、捺印する場合には、十分に書類の内容を確認する必要があります。 会社印は、社名までが入る請求書や見積書、通知書や報告書など、代表者名までは入れない実務的な書類の提出時に使用されます。  そしてどちらの印鑑も丁寧に取り扱い、ムラが出ないように綺麗に捺印します。印字の位置は、代表印の場合は、代表者名の最後の一文字にかかるように、会社印の場合は住所や会社名が記載された位置の右側部分に、捺印するのが基本です。 責任のある立場の方が、責任を持って丁寧に捺印し、より良い取引につなげていきたいものです。