いまさら聞けない代表印と会社印の違いとは

個人であれば、印鑑には認め印、実印があります。個人の場合では、実印であれば不動産の契約や自動車の契約に使われ、認め印は、それ以外の場面に使われます。具体的には、宅配便が家に宅配物を届けに来た際に、受け取りの受領印のために使用したり、役所で住民票や戸籍などの証明書を取得する際の申請書に押印する際に使います。会社の会社印と代表印についても同じように、時と場合によって使い分けられています。また、これらの印鑑について、使われる場面以外にも、法律上の違いや印鑑の物理的な印影の違い、そのほかにも役所に対する登録等の違いがあります。これらの印鑑の違いを知っておくことで、会社を経営したり、仕事をしていく上で、どちらの印鑑を使えばいいのか迷わなくてすみます。

ふたつの印鑑の法律的な違いは何か

まず代表印とは、個人で言う実印のことです。法人である会社は、法務局に登記することで成立します。その登記の際に、すべての会社は代表者である代表取締役が代表取締役としての印鑑を法務局に登録します。この印鑑のことをいいます。印鑑登録していることから、個人と同様に印鑑証明書が法務局から発行されます。実際、この印鑑が使われる場面は、会社が不動産を購入する場面や自動車を購入する場面などにつかわれ、後々のトラブルにならないためにも印鑑証明書とともに使用されます。会社印とは、登録していない会社の印鑑で、個人でいう認め印のようなものです。さほど重要ではない書類に押されることが多いです。印鑑の印影にも違いがあり、代表印は「代表取締役の印」、会社印は「株式会社何某の印」とされることが多いです。

ふたつの印鑑は、誰が所有する印鑑か

二つの印鑑には、法律的には会社の所有する印鑑か、それとも代表者である代表取締役の印鑑かという問題があります。代表印は、あくまでも代表者である代表取締役が個人の印鑑を、会社の代表取締役としての印鑑として使いますと法務局に登録したものです。すなわち、この印鑑は、会社の印鑑ではなく、あくまでも代表者である代表取締役個人の印鑑であると言えます。逆に、会社印は、代表者である代表取締役個人の印鑑ではなく、団体としての会社の印鑑であるという位置づけです。この違いは、上記で説明した印影の違いにつながっています。すなわち、前者は代表取締役である個人の印鑑なので、印影は「代表取締役何某の印」としますが、後者は団体としての会社の印鑑なので、「株式会社何某の印」とすることになっています。